自分の死後に散骨を希望する場合

自分の死後散骨をしてほしいと希望する人がいます。
死後に火葬して骨となった場合にその骨を海などに流すというもので、白骨化した骨をそのまま流すというのはいけません。
近年になって希望者が増えたことで、葬儀を執り行う業者でも、これが依頼できることがあり、別途必要が掛かります。
お墓に埋葬する場合、埋葬許可証や分骨証明といった公的書類が必要となりますが、この場合そのような公的書類が必要ではありません。
海に骨を撒く場合、骨を必ず粉砕しておくこと、また、腐敗しない遺品などを海に投棄しないことを守り、多くの人が目につく場所ではなく、遊泳地や海藻類や貝類などの養殖区域などで行うことは、法に触れることもあります。
山林などで行う場合も同様で、ルールを守って行なわなければいけませんが、山林は地区により所有者が存在することもあり、私有地としての山に進入や骨の投棄をすれば不法投棄と不法侵入の罪に問われることもありますので、十分に注意が必要となります。
花束を投げる際も包装用のセロファンや紙を一緒に捨てないように配慮しましょう。
当然ですが、遺言などによる本人の希望がない場合に勝手に行うことは、法に触れる場合があり、また、いくら本人が希望しているからと言って、すべての遺族が納得しないまま行うことも問題が大きくなりますので、生前に話し合っておくことが必要でしょう。

コメントは受け付けていません。