自分の望む葬儀を行って欲しい場合

自分の死後に希望する方法で葬儀を行ってほしいという人がおられますが、基本的に医師による死亡診断書や行政への死亡の届け出などを法律や条例で定められた方法に則り、埋葬までの段取りを行えば、お葬式の方法に関してはとくに法的な決まりはありません。
通常であれば、個人の信仰する宗教においてお葬式が行われます。
仏教の場合であれば、檀家となっているお寺に亡くなった事由を伝え、宗派により異なる仏式のお葬式となるもので、進行する宗教により方法も違います。
通常の仏式のお葬式であれば、お参りに来る人々は喪服を着用し、僧侶が祭壇の前でお経を唱え、皆でお参りをするのが普通ですが、通常のお葬式の概念とは違い、賑やかにお葬式を行ってほしいという希望がある場合、その方法は自由で、お祝い用の蘭などを祭壇に供えたり、平服での参列、香典などを一切取らないことや、パーティー形式で執り行うことなど、自由に決めても良いのですが、親族全体が納得した方法や、予め、僧侶などとも打ち合わせをしておかなければいけません。
あくまでも個人が自らの希望であり、喪主を中心に親族などにも十分理解していただき、不具合のないようにお葬式を行わなければその後のトラブルともなりかねません。

コメントは受け付けていません。