身内がいない人が死後の事務を依頼する方法

人は生きている以上は死ぬものであり、そして現代において人が死んだ場合には様々な事務作業が必要になります。
そういった事務作業に関しては通常、遺族となる人が行うこととなっているのですが、中には身内がいない、もしくは事務作業が行える体調にある人がいないために誰も事務さt業を行えないというような場合もあるのが現実です。
ではそうした人の死後の事務に関してはどのようにすればよいのかと言うと、これは「事務委任契約」を結ぶことが最も有効な対策となります。
これは行政書士事務所や司法書士事務所が事業として行っているものであり、生前に契約をしていた契約者が死亡した際には担当者が様々な手続きを行うこととなります。
手続きの内容としてはいくつかがありますが、例えば役所への死亡届けの提出、健康保険や公的年金などの資格抹消手続き、まだ退職などになっていなかった場合には勤務先企業への退職手続きなどが行ってもらえる物の代表例となります。
もちろん葬儀や火葬に関する手続きや遺品整理などの作業も依頼することができますから、もし自身が死んだ後、事務作業を行える人がいないというような場合には、各地方にある行政書士・司法書士事務所への依頼を検討してみるとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。