公正証書遺言の利点

 

公正証書遺言とは、公証人に作ってもらう遺言のことで、多くのメリットがあります。

公証人とは、法務大臣によって任命された公務員で、法務局に所属しています。裁判官や検察官などの経験がある人が任命される法律の専門家です。

まず、公正証書遺言の大きな利点は、公証人という法律の専門家が作るため、内容に間違いがありません。公正証書遺言であれば、法律的に間違っていることを公証人がチェックし、直して正しいものにしてくれるので、一番信憑性がある遺言として認められます。

公正証書遺言の場合、私的な遺言と違い、原本が公証役場に保管されるため、紛失したり内容を書き換えられてしまうという恐れがなく、安全です。また、遺言を作った場合、大切なものだからと厳重に保管してしまい、遺言者が死亡した時に発見されることがなかったというケースもあります。公正証書遺言は、日本公証人連合会がコンピューターによる検索システムによって管理されます。公正証書遺言が作成されると検索システムに登録され、どの地域の公正役場からでも遺言が残されているかどうかを簡単に調べることができます。公正証書遺言を作成した場合、作成した旨を家族に知らせておくことで、相続人は遺言の存在や内容を知ることができます。

 

コメントは受け付けていません。