原本の紛失、偽造、変造、隠匿の危険性がない

遺言の作成を公証役場に対して依頼することにはいくつかのメリットがありますが、中でも特に大きなメリットとなってくれるのが「さまざまな危険性を排除できる」というところです。
遺言書にはさまざまなことが記載されており、その中では「遺産の相続について」ということが書かれていることも少なくありません。
しかしその遺産の金額が膨大であれば膨大であるほど、故人の遺志が反映されていれば反映されているほど、遺言書は偽造や変造、隠匿のリスクが付きまとうこととなります。
加えて故人がいつ亡くなるかということはほとんどの場合わからないのですから、自筆の遺言書を保管しているだけだと、死後のあわただしさの中で紛失されることもあり得るでしょう。
そうした中において公証人に作成してもらった上で原本を役場に保管してもらう公正証書遺言は、そうしたリスクがほぼゼロとなります。
公正証書遺言の作成に当たってはそれなりの負担が求められることは事実ではあるのですが、必ず相続をしたい遺産などがあるというような場合には、公正証書遺言を使うことのメリットは非常に大きいものがあると言えるでしょう。
遺産相続をめぐるトラブルは後を絶たないというのが実際のところですから、相続するべき遺産を遺言書などに記載する場合には、なるべく公正証書遺言を利用した方が良いのです。

コメントは受け付けていません。